動画(Youtube)

Loading...

2017年3月22日水曜日

スペイン2 セビリア



スペイン2日目は6時過ぎに起床。時差ボケのため楽勝。8時半には駅前のホテルながら駅に向かう。余裕が大切だ。

今日は南部セビリアの町に向かい滞在する。とにかく落ち着かないで南を目指旅行です。
まずは今から乗る列車インターシティの確認。荷物の盗難防止のチェーンを探す。
細いものは日本にも売っているがニッパでやられるらしく自転車用サイズを。それが土産物屋にあって(だkら細い製品など無い)購入して、サンドウィッチと飲み物セット(これがバッグに入っていて少し安い)をゲット。

試しに先ほど買ったチェーンを筈そうとするもテコでも鍵の部分が動かない。不良品と判断し、店に戻ったら当然交換してくれたがそんなものt堂々と売るのもす凄い。皆さんも何か購入するときは動作を確認してからレジへ。


さて、プラットホームに入るためにチェックインのようなチケット確認に荷物のX線検査。これで制限区域に入ってから掲示板に自分の列車が入線するホームが15分程前程ににわかる仕組み。バルセロナ行きは10分前に判明して皆さんあわてて走っていった。何せ15晩背あるのだ。とにかく非常に面倒だしテロ対策は理解するが非合理的。ハイジャックやスペイン国鉄の爆破などで被った被害と迷惑は計り知れない。もう宗教戦争ややめなはれと思うが。充分勝利していると思う。マドリードはとにかく数メートルおきに自動小銃を傾向するおまわりさんがどこかしこにいる。いるという事はそれだけそう言う事でしょう。特に駅は警察署かと見まがう。

で、モンクが多いが〜「ここで待て」が多い。
切符購入は専用オフィスで番号札で待て。乗る時も制限区域で待て。プラットホームが判明したらまた待て。ダブルチェックを受けてコーチの前に行くも電光掲示版が消えていて4両目がわからない。係に聴く。
乗車したら親好方向と反対向き。まぁ客は電話して大声で喋るし席を替えてくれと自己主張する輩の多いこと。車両からは完璧なテンポを刻むカタカタ音と定期的な爆音が聞こえ、よく揺れて景色は変わらず最高のPCタイムナウ。
良くよわないのは人類の発明である「薬」のおかげである。人類に大事なのはお金や権威ではなく「抗生物質」という漫才を思い出した。

セビリア駅についたらタクシーでホテルに向かうが、さて、順調に事が進むか。曇りのマドリッドからすれば天候が良くなってきた。 
@インターシティ(バルセロナ~セビリア間)




追記:日本で楽天海外SIMを購入したもののまぁ使えないこと。お勧め出来ない。首都で使えないなどはいけない。駅にはSIMは売っていない。空港で購入のこと。とにかくSIMフリーのスマホは便利。で、結局はこのスペイン旅行はWi-Fiフリーのところでのみ。でもプラドなどがそうだったので良かった。ホテルはまず問題ない。



追記:ホテルにタクシーで到着。全て良い感じ。部屋も格段にお洒落でスタッフも感じが良い。Wi-Fiもすぐに繋がったナウで、今から大聖堂を見に。