動画(Youtube)

Loading...

2017年3月23日木曜日

スペイン2 続セビリア



定刻に少し遅れてしっかりとセビリアはサンタ・フスタ駅に到着。
郊外の駅はまるで空港のような感じで、ほぼ観光客はタクシー乗り場に向かう。

少し並んで我々もイングラテーラ・ホテルにタクシーで。ほぼ千円程の料金。
こちらでの初のタクシー移動だったが荷物の積み降ろしや運転も含め親切。

ホテルも13時過ぎだが快適にイン。一万数千円だが非常にクオリティの高い内容。
パリやロンドンに比べるとスペインのホテルは安価で充分に過ごせる。
ホテル従業員のモチベーションは総じて高く、英語も結構。古代の遺産による観光産業とはいかに凄いマンパワーかと思う。

早速、カテドラルに向い数分並んで入場。圧倒的な広さと豪華さに言葉がない。
そもそも後世に凄いと言わせしむように作った1500年の建物なのらしい。
昨日のプラド美術館も含めてやはり全て楽しい旅行というより完全な研修。

次に、アルカサルという施設に数分並んで入場。イスラムの装飾やお庭が素晴らしい。
初めての雰囲気の圧倒されイスラム芸術のパワーと魅力を学んだ。


繁華街をうろついていたら道がわからなくなるので焦った。とにかく細かい道だらけで
縦横無尽。しかも景色や太陽が見えない建物の連続。それこそ方位磁石はマストアイテムかと思う。

それでも何とか地図にある教会に辿り着き、ホテル近くで見つけたスーパーで買い物(水、パン、菓子等)をして一旦ホテルに戻った状態。
日本の午前3時頃なので眠さが襲う。相方は爆睡中。
私はこうして闘うのだった。町中の教会の金が鳴っている、いびきと共に。


後、写真を掲載します。

一日だけのセビリアだが、おなかいっぱいな感じの観光。
マドリードに比べると非常に平和な世界遺産の町という印象。

マドリードから高速鉄道で2時間半なのでいかに遠い所にいるか。

ホテルのWi-Fiが快調なのも結構。
明日はグラナダに向い二泊する。

追記:その後、夕食にせっかくなので先ほど見つけておいた素敵なレストラン、バルに向かう。ビール2杯にサラダ、アヒージョなどでもせいぜい二人で3千円程と安い。しかも美味。
ライトアップされた名所を見ながら部屋に戻り就寝する。