2020年8月10日月曜日

文化事業


先日、兵庫県(自宅から県内移動)のとある市の市民会館にて、
令和2年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業、なる講習会でリコーダー講習をして来ました。

コロナの中、安全対策が行われ、大ホール(客席数1118名)の大舞台での講習。
参加人数は5名(小学生4名と先生1名+職員2名と助手で7名で合計8名)。
ピアノはスタンウェイのフルコン。贅沢と密回避の極み。

結果的には密にならず、かつ非常に個々に行き届く状態で3時間に及ぶ時間を無事に終えた次第です。参加した人が幸せになるように導くのが任務です。

とにかく、予想のつかない中、どの程度の人々がどういうスキルで集まるかの情報が無い中、即時対応で3時間ですから、脳はフル稼働。
さすがにある程度の経験者でないと対応は不可能かも知れません。
私もあまり経験がありませんでした。





私の場合、子供に(演奏はしても)指導は長年していませんので、開始時は互いに緊張状態。しかし、若かりし頃、楽器店の講師で小学校を回るアルバイトをさせて頂いた蓄積はあったので、何とか軌道に乗せていけました。

小学生の心を開くのは話術だけでは無理。音や動作やこちらの本気度を見ていますので怖いものです。要は忖度が無い世界。大人は笑ってくれたりしますので。



さて、ロングトーン対決やとにかく初めから徹底して「プロ演奏家」が教える、というのが文化庁さんの考え方でしょうから、それに従い進めました。

3時間を終えた時、子供が笑顔で話しかけてくる状態に変わっており、何とか達成出来た感じです。


★逆に、少し気になった点もありました。楽譜が読めないという事実。先生は文科省の指導要領によってちゃんと教えているはずです。これは、ここ最近の大学生にもあるのですが、一体どういう事なのか。また、もれなくジャーマン式で長年同じ楽器が使われている点。以前にも記載しましたが、もう遅いのでしょう。そもそも口をつける道具を長年変えない衛生面も理解出来ません。

こういう事実は理解されているのか、改良しないのか、が、我が国の今の現実なのかと気になります。私はその立場にありません。お偉い権力人に命令させれば良いですね。
因みに、近隣諸国には無い事です。教育面でも尊敬されるお偉い人がいるからです。


一方で、素直に実直に取り組む人、(申し込んで理解のある親御さんも含め、)が数名でも受講者として存在する事は嬉しい事。また、お一人でしたが大人のご参加は小学校の音楽の先生であり、非常に熱心にメモを取り、子供と一緒に学ばれ、かつ横の児童を見守る感じは素晴らしいものでした。


ここまで暑いと海水浴にでも行けばいいものを、リコーダーのセミナーが密回避で良い状態で行われた事を嬉しく思います。






2020年8月8日土曜日

マックとウィンドウズ (本文書けても、なぜか改行がうまくいっていないです)


♪  改行改良版


 複数台のPCを使っていると、マックではグーグルの相性が悪い事などがわかります。 

この記事を書く前、マックブックでは「タイトル」への記入は出来ても、この「本文」の欄が表示されぬまま。 

まぁバージョンが古い等があるのでしょうが、一長一短です。
個人差と好みで2種類存在している事は良いですね。  
結局、仕事はウィンドウズ10、ネットサーフィンは手軽なマックブックというのが相性となってきました。 


 ところで、暑い日々。思考停止、自律神経の乱れ、熱中症と、加齢も加えて愛犬の散歩で坂を昇るだけで息が切れるようになりました。 毎日数千歩を歩きますが、コロナのどさくさもあって、どうやら身体や様々に老いたと、昨日感じました。 今までの生活ペースが狂ったのが原因でしょうか。 同時に達成感や楽しみも奪われるものです。 


 ★ 例えば、歴史的パンデミックの中、演奏会、講習会、発表会などは当分は「自主開催」出来ません。民事裁判等を想定し、当分控えるつもりです。

 これは、関西圏では特に顕著かと思いますが、相手に何かがあったら(特に大集団)どう責任を取るのか、 個人事業主なのに「考えていないヤツ」というレッテルも残り、怖いですね。


今、爆増中ですから。 とにかく研究者に頑張っていただき、皆さんが芸術に飢え切った時に、ドーンとこれぞ古楽という演奏会を企画すると思います。 

それまでは、行って罹患させようキャンペーン等には耳を貸さないで、地方の首長の言うことを聞いて静かにしておきましょう、と。 

 東京、沖縄、大阪に行ってはいけないのだ、と誰もがわかるように、各生活圏で静かに過ごしましょうキャンペーンをすれば正解だろうに、と思います。 


 ♪

2020年7月30日木曜日

愚策の果て




モンクばっかりですけど、プラスチック云々でビニールのバックを有料化する事で、市民生活がどれだけ混沌とするかをおのれらは予想も出来んのか、っちゅうハナシですわ。
万引きし放題でしょうよ。時には綺麗事も結構ですが、もの凄く不便。

店のアルバイトやパートにしてみれば、命がけで阻止しないでしょうし。
そもそもがそのビニール類(弁当箱、納豆入れ等等)で出来た製品だらけですし。


このままいけば、割り箸から爪楊枝からプリンのスプーンからが無くなるんと違いますか?
便座も廃止ですな。


ルールとモラルが混同していて生活が窮屈。
海が汚れるなり、温暖化するなら、まず方法論を問うべきです。
あぁ何か違うな〜〜。

東洋陶器:プラスチック製でっせ


リコーダーなどは森林伐採かプラスチック以外には製品化出来ず、生き残れないわけです。
違う意味で生き残りが大変なのに。





2020年7月25日土曜日

時世の犠牲




この夏~秋にかけてのセミナーがほぼ中止に。
準備が無駄に思えます。

4連休など関係無しで遠隔授業はあり、果たして誰がなぜ旅行出来るのかが不思議。
夏休みは短縮で移動も旅行も出来ません。


月末、毎夏の大阪で呼んで頂く合奏セミナーは応募が10人に至らないそうですし、
近日、ある市での「文化庁文化芸術創造拠点事業」でのリコーダーセミナーも応募が現在1人だそうです。


まぁ、皆さん出かけませんかね。







2020年7月23日木曜日




どこかに行こうキャンペーン、しかも開始前倒し、とは勇気のある国だと感じる。凄い。


しかし、大学は授業を祝日に関係無く行う(←憲法違反)ため、どこかに行くも何も働かなくてはならないから旅行もままならない。

しかも、その学校に行けない現状、世間との乖離感にもう孤独を感じる。


庭のクロッカス



2020年7月21日火曜日

東奔西走南船北馬



コロナのおかげで大変だ、というあるフリーランスの音楽家のハナシです。


①今日は天王寺区で国立大学の2限が教育学部の授業(距離、立ちっぱなしで大声必要)。
②移動。
③昼間の90分が大阪中央区の合奏教室開催。(幸いな人数で成立中:募集停止中)

④すわっ、先程の大学に戻って5限に授業(距離、立ちっぱなしで大声必要)。
⑤帰宅に渋滞70分。這々の体、満身創痍。

クタクタで思考回路と自律神経崩壊。
歳もとりましたわ、しんどいし血管痛みたいなのもあります。
(最近、酒は飲みません)


いすが無い、学生は遠い、マスクしたまま大声で。(授業前に撮影)


まぁ、どさ回りとは意味合いが違いますが、活動圏ではあるものの、暇な日程に上手く仕事を入れてよ、と思うものの、時代は「学生さま」と記載される文章が出る時世、、、
四回生の特別授業なので主体はあちらです。



いい加減にせい、と思いますが、感染が増える一方でもう辟易です。少し考えろよ、と。
出稼ぎ先が関西等の人はまさか今時移動して来ない民度は保たれていると祈るばかり。
don`t move from tokyo キャンペーンとかはどうです?でも、知事は芦屋の人か。

果たして秋から始業するのか、演奏会など主催する責任も重過ぎて予定出来んし、、、
フリーランスの不安は尽きません。健康も。来世は安定職ですな。



余談::

ハイクラスな教育学部の「特別授業」に於いて、ソプラノは個々持参するジャーマン式です。数回ですしわざわざ購入を促しません。15名、誰一人バロック式ではありません。
案の定、アルトを含む合奏をすると指使いのミスが頻発。一体先人は何をしておったのかと。初等教育専攻でも結局そのまま送り出すので、まぁ変わりませんわ。知らんけど。


メーカーさん、ジャーマン式のカッコいいアルトを売ったら存外売れるんと違うかと。
少なくとも深刻な合奏でない限りはその方が未来があると現場の現役教員は感じております。そう言えばそういう情報を誰も知りたがりませんよね〜〜。