2019年1月2日水曜日

頌春 2019




あけましておめでとうございます。


良い年になるように祈りつつ年末を過ごして新年を迎えました。


関西圏は天候に恵まれつつも非常に寒い元旦だったかと思います。





越年前に何らかの空気中の物質で鼻の奥をやられ、投薬で悪戦苦闘しつつも全体的には微妙に不調なまま。18年はいつになくハードに行動したためもありますが、ありがたいありがたいと仕事をし過ぎる年齢に対する警鐘かと感じ、本年は「全力」を少し控えめにして練習と研究に重点と置きたいと思います。



と、言いつつ、さっそく年初2日に海外からのセミナー講師の依頼メールが届きました。
非常にありがたいすべり出しです。




本年もよろしくお願い致します。



2018年12月30日日曜日

やれば出来る




ど年末、6度の中、裏の伐採と清掃を行いまして、どうだという写真です。
6時間程かかりまして腰痛です。良いお年を。


とりかかり
きゃつらの根っこで汚水が詰まったのがモチベーション

伐採
全てをノコギリで切りました。

養生
綺麗好きですので養生をしてお見事


2018年12月26日水曜日

急性鼻炎



授業期間が終わり、少し気が抜けたのか、同じ空間に8時間程こもって仕事をしていると数時間で鼻の奥が強烈に痛くなってきた。その時は一時的なものかと放置していたのだが、それがいけなかった。

恐らく鼻炎だろうかと。
思えば加湿器がある上、乾燥していたのにほんわか働いていたせいだ。

その夜には鼻の奥が火災かという程に暑くなり、翌日は頭部炎上。


えぐい頭痛と血管痛?と変な咳にやられたものの、何とか薬でしのいだが、伴う薬の副作用で舌炎まで。

これも加齢とストレスによるもので、そういえば歌手や芸能人には加湿器は欠かせないという事に納得。防げたかと思うとこの苦しみは哀しい。


皆さん、とにかく加湿をして下さい。



後日談::

「アレグラ」の投薬を試みたら15分で頭痛と血管痛は解消。凄いと思った。2000年に発売された新種の薬だけに眠くもならない。

えへん虫のような喉に突然なるが口内炎用のスプレーをぶっかけるとすぐに治まる事が臨床出来た。

それでも4日目に鼻水洪水でセレブテッシュ1箱を消費。ならばとアレグラの鼻炎用「アレグラFX」を購入。すると止んだ。その後、小林製薬の鼻うがいセットでこれでもかと洗浄。

加湿器も新たに大型を投入。年末の室内でも30%は良く無い。フル稼働でも40%程。



今のところくしゃみは出ていません。








2018年12月15日土曜日

台風21号の余波




本年も終わりに近づき、それはそれでさっさと次の年になってフレッシュにいきたいところに、今となって自宅に於いて大阪地震と今夏の台風の余波が少なからず出ている現状で散々だ。


隣である我が家の兵庫県の西宮市でもその時にそれ相当に揺れたせいで例えば部屋に飾っていた(飛行機の)プレーンモデルの高価なモノばかりが損壊、墜落の事態に。貯金箱がゴミ箱に落ちて捨ててしまったなどもその悲惨な額が心に響いた。

で、今になって恐らく少しズレた汚水の配管に詰まりが生じた。

要は裏の竹の根が恐らく継ぎ目等で入り込み、結果的に流したモノがそれに栄養を与えている事となり、ついに先日詰まってしまった次第。流れないトイレなど悲惨この上ない。
外の汚水栓を開けて必死で腕をつっこんで草状の物体を取り除いたが身体が過労した。
結局プロに相談。


修理に10万円だと、、、非常に下らない金額で憤懣やるかたない。
この御時世、働く程になぜかいらぬ出費が増えている気がする。
良い事がとても少ないのが現状だ。


台風で破壊された50年前の古い物置の中も屋根が壊れ濡れて全滅。カビが広がり悲惨。
それを捨てる作業も簡単ではない。苦労はするとしても運は選べないという気がする。
先代、センセン代のなぞのモノがカビだらけなのだが処理は我々の世代で金額もかかる。


たらればではあるが、阪神大震災の時に「予見し」色々とぶっ壊しておけば良かったと後悔中。


ほぼ8割がたわしのように詰まっておりました




一軒家の方への進言、、くれぐれもお庭の植木の種類には選別、剪定等のご注意を。
なるほど、高級リゾートの植木はほぼほぼ大きな植木鉢のモノを並べている理由が解明。

2018年12月中旬



2018年12月11日火曜日

睡眠




神経過敏、自律神経の乱れやちょっとしたパニック障害的な事象など、まぁ普通でない職業で現世を生きるのは大変ですが、だからといって朝起こされた!などで何かを憎んだりしてはいけないということで、イギリス製の耳栓を取り寄せました。





まぁ、テレビのボリュームが20だとすると2位に落ちます。怖いくらいに効果あり。
たかが耳栓と言う事なかれ。そこいらで手に入る域では無い製品と値段です。

寝るのも大変。


2018年12月6日木曜日

進歩と非進歩と変化と不変




29年間におよび数校の大学で授業をしてきて一番の「変化」を感じているのは皆さんに身近なスマホによる学生の非集中現象。

学生は常にスマホを自分の近辺に置き、少しの間が出来ればそれを操作する状態が日々増しており、命がけで用意をし状況を把握しながら授業をするこちらは大変不快。感情を爆発出来ないので即ちストレスが増す。

これは立派な嫌がらせ、いわゆるモラルハラスメントだと感じる。

残念ながら未来不透明な非常勤講師は下手に注意して叱責すると学生に反逆されて何ら良い事が無いので徹底して放置するが、いわゆる権力側が手を打たないのがいかにも現代らしい。多分その周りの大人も先生という立場をよそに操作していることでしょう。
そのまま社会に出て行ってせいぜい苦しむと良いだろう。






もう一件は「変わらない」事の象徴で、歯医者での治療。

相変わらず「キーン」という恐怖と予想する痛みに全身が硬直し、心が折れてヘロヘロになる。なかなかの額を毎回徴集されるのも老人に比べても額の桁までが異なる始末。
ストレスになるので全部抜こうかと思ってしまった。


楽しい毎日です。





2018年11月25日日曜日

ソウルで大雪




鉄道はソウル駅の地下7階の到着する。そこからようやく数年前に完成した地下通路(昔は地上をまたがなければならなかった)を通過して地下鉄の4号線に乗り換えミョンドン駅に到着。空港エクスプレスの乗車券でそのまま移動出来るのは非常に便利。

ホテルは定宿で数年前にお得意様カードをくれたので提示するだけでグレードアップされる。なので格安の部屋を予約しておけば良いのだ。ここも日本語、親切、丁寧。


ホテルから中国大使館前の2軒の利率トップの両替屋に向かうが、円が強くなりつつあるので一日様子を見る事にした。(翌日に100円=980が1000ウォンに上がりました)。コネストという日本人向けの韓国旅行お役立ちサイトは欠かせない。
レートの動向はヤフーで為替の頁を見ればわかりやすい。


今日から寒くなったらしいが、どのみち南の国から来たので相対的には寒いのは寒いが、耳当てが要らないくらい。
呼び込みのおじさんのハナシを聞いて焼き肉屋に。
いわく、中国人が入る店は美味しく無く、韓国人と日本人が多い店は美味しいとの事。そうですか。珍しく英語も日本語も堪能では無い店員の焼肉店に入った。美味しく戴いたものの神戸牛が一番ですわ。



翌日はいつものコースを通り、夕方にリコーダー奏者のジ・ヨンに会う。
先般にセントレア経由で来日してくれた際の三木楽器開成館での記録媒体を渡す事と次の企画を話し合うため。

多分、予め調べておいてくれた地元民で賑わううどん?と餃子?のお店に。
確かに美味しいし非常に賑わっていた。自分では入らんか、と思う感じだけにこういう体験も面白い。食事をして静かなカフェでおハナシ。





韓国のリコーダー事情も色々と聞いていると興味深い。
こちらも欧州から帰国する若者のプロ奏者が増えていてそれぞれに活動を開始しているそう。大阪よろしく韓国にはプロの奏者でのカルテットやアンサンブルが存在しないそうだ。何とかしたいが難しいとの事。


翌日は大雪!の中、地下鉄に乗りソウル駅へ。
空港エクスプレスのチケットを購入後にシティチェックイン。
後に出国審査に押印され、カフェで半時間過ごして乗車し第1ターミナルへ。


空港ではいきなりプライオリティレーン通過でストレスレス。いつも荷物検査に行列がありそれがもの凄く嫌だったので前記、韓国系にしたのだが大成功!

アネックスのターミナルでランチにイタリアンを食し、そろそろ、と思ったら「遅延」を知らせ。結局、朝8時過ぎにホテルを出て、たかだか90分のフライトなのに関空には16時に着いている始末。帰宅が17時過ぎだとして、計9時間とは馬鹿みたいだ。
なるほど沖縄くらいが楽だ。


キャラクターは「ミッフィ」ではない、、、


多義に近くて遠い国かと感じた10回目位の訪韓でした。