2019年10月11日金曜日

これまでに経験したことのないような




例えば、9月に祝日が二回(敬老、秋分)、10月に体育の日があるが全て月曜だ。
で、全て授業日。そこまで勉強させるだけ我が国は馬鹿が多いのかと思ってしまう。

この変な感じ、昔に誰が予想したろうか。
超高齢化の我が国ではもう敬老も許されず、体育に限っては意味が分からない。



ある所のあるひとコマの物語。



少子化は理解する。根拠のない倫理観と未来を読まなかった代償だろう。
履修人数は(学費に関係無く)5人以上でしか開講されず、一方的に授業を潰される。
これは理解不能だが、抗えない。給与も突如剥奪される。
人間としてモチベーションは保てるはずもない。


で、何とか6人履修で出席簿が出来てきた。
うち一人は早々に取り消したが、新たに一人受講で6名を100%と考えて戴きたい。



1回目:2人(豊田さん、鈴木さん)33%   全て仮名

2回目:3人(豊田さん、鈴木さん、松田さん)50%

3回目:3人(豊田さん、鈴木さん、本田さん)どうした松田さん!もう来ないのか?

4回目:4人(豊田さん、鈴木さん、本田さん、川崎さん)



という状況。この絶対に揃わない感じが新しい未来感だ。
未だに2人を見た事は無い上、一人は1回しか来ていない。
二人は真面目だがひとりはよく吹けてひとりは運指を理解していない。


シラバス(進行内容や条件)はほぼ読んでおらず、楽曲が吹けずに凄まじく進めない。
あくび、スマホなど気にしてはいけない。


魔の川、死の谷、ダーウィンの海



令和は凄い時代になりそうだが、新しいと言えば新しい人間の域。
仕方が無いので、キッチリと内容重視、演習重視で取り組む事にした。何が悪い。
人間が楽器の音を操り、楽曲を音楽に導く事が我々の生産事業なのだ。



深く考察すると気が狂いそうである。
少なくとも誰も助けてはくれないし、誰もモンクを言わないこの惨事は永劫続くのだろう。

因みに、上記と「真逆」の風景も他所では存在している。多分、そちらが宇宙人か。


2019年10月7日月曜日

報告誌



先般の「大阪クラシック」でのブランデンブルグ公演。
最近の大阪フィルさんの冊子に掲載戴いたようで、友人が写真を送ってくれました。


第2番の演奏模様





2019年10月4日金曜日

辟易



もう10月だが、

(一部で)せんせ〜指がわかりませ〜ん、難しいですぅ、忘れましたぁ〜等で内容を進行出来ずに辟易している。何かがどうかなっているので途方に暮れる事が近年増えている。
リコーダーなんざの運指などは超簡単な筈。「音楽」にするのは確かに難しいが。


ならばと理論や丁寧な説明をすると無反応の上「大あくび」をする始末。



悪気が無ければすべて許されるらしい、、。
因みに、未だに出席せず、一度も現れない輩も履修登録の半数存在しているから驚く。
何々のびっくり箱や〜!


どうしたニッポン。






そんな中、来年の20年、バルセロナとその近郊にてコンサートを催して戴けそうな連絡を頂きました。
モンセラート麓、去年の夏と同じ教会で出演させて戴けるかも知れません。追ってお知らせします。





2019年10月3日木曜日

新製品



リコーダーを取り巻く環境に少し変化があります。

まず、日本も興味深いのが「全音」が「古楽器」としてのリコーダー、即ち、バロックピッチ(暫定 : a=415Hz)のプラスティック製品を開発して売り出した事です。




教育用の物は何千という桁で現場に行きますが、こういうニッチな製品をこの時代にとは興味深い事です。つくづく30数年前の学生時代にあったらば良かったのにと思います。

反面、我々プロ奏者がどこで使うのかも興味があります。日常の演奏は木製が当然ですが、古楽に誘(いざな)う初めての製品として人にお勧めする事が勤めかとも思います。


a=415Hzのアルト、実物は迫力があります。

確かにバロックの奥深い響きがして、木製ともモダンピッチの楽器とも完全に異なります。この「たかが半音」が実はもの凄く異なる世界観を演出する重要な点です。



次に、先日私の元に来た総人口象牙のアルトリコーダー(a=442Hz)。
日々の吹き込みで徐々になついて来ました。


これまた木製ともプラスチックとも別物で、響きは未体験です。
一年程すれば舞台で使用出来るかと思います。


2019年10月2日水曜日

近隣事情



後期が始業して真剣に向き合うのでクタクタ。しかし我が国の平和を実感もする。


香港市民にしてみれば、市民を守る公僕の警官にピストルで撃たれるなど、想像をしなかったか、逆に予想をしていたかだろうし、そろそろ経済構造も危ういだろう。個人的にはこの国のフラッグシップのシルバー会員なので利用して遊びに行きたいものの、空港占拠がまたいつ起こる、等は不安に思う。

楽しい所なのに残念だが、高校生からして身を投げ出して将来に対する事で体勢と真剣に闘っている事には共感出来る部分がある。撃たれた高校生だが、肺に穴が空く「気胸」(経験済み)を起こすため、実際にはほぼ呼吸が出来ない状態になる。治療は猛烈な痛みを伴う。心臓を逸らした警官の発砲は訓練されており、計画的かつ能動的だと感じる。(心臓部と頭を撃つダブルタップという打ち方ではない)


一方、考えてみれば分かりそうなのもだが、えげつない便数を飛ばしていた韓国の航空会社。日本側は事を見据え、予定していたのかという程に数便を他国に就航させて特に問題も起らないようだが、あちらは従業員の強制無休休暇が発生しているとのこと。ドル箱路線の国を敵視して自ら首を占めた事になる。関西便だけでも凄まじい減便。

日本の全日空の位置に充当するであろうアシアナ航空。日本から欧州、米国便のビジネスクラスが11月ならペア購入で二人で30万円(一人往復で15万!)という価格が発表になった。仮に全日空なら軽く百万円コースだ。フルフラットの贅沢シート。

これが意味するのはどういう事か興味は尽きない。通貨危機等もだ。相対的に価値が劇的に下がる事になる。


日本も、ともすれば島国らしく周りの見えていないガラパゴス状態になりがちだが、1年前には想像しなかった「行きたくても行きにくい国」が二つ誕生し、確実に情勢は変化している。存外リコーダーにもお影響が出ているのです。


一方、歴史的な改革、「キャッシュレス」による「還元」を、様々な学生に問うも、ほぼ「現金ですぅ」、というのも如何なものかと感じました。確かに学生でクレジットカード等はもっていなかったかも〜、と。彼らはお金をあまり持っていないのに。


要はクレカを持ち、ネットを使える市民が美味しいという偏った改革。
今日買ったパンは普通に5%還元され、かつキャンペーン登録で20%還元されるJCBのシステムを使った。100円がいくらになるか。これが1万円ならどうなる。





この先も時代を読まねば、と思います。


2019年9月30日月曜日

8%最後



2019年9月末日。間もなく税率が変わります。
最後の買い物は「胃薬」2個でした。消化が悪い神経の持ち主ゆえ必携です。


小さいハナシをしましょう。

自動車連盟のJAFに入会していると毎月冊子にクーポンが送付されます。
これを切り取り保存。

★関西地域で通常は1680円(税別)の三共胃腸薬を「ジャパン」(スギ薬局系列)なる店で1174円(税込み)で購入成功。(←1品に限りのクーポン故)

★スマホのあるスギ薬局アプリに今日だけひとつの品限り15%引きの画面が来ましたので、同じ物を同じ買い方でゲット。
およそ3500円の物を2348円程でゲットしたのですが、しかも、



☆これを前記JCBのキャンペーン、クイックペイで支払いましたので、来月の請求時は20%還元されます。すんごいお得です。(まんまと買わされている気はしますけど、、、)


当分は常備出来そうですが、胃が痛くなるような話でした。


2019年9月28日土曜日

経産省と大蔵省と財務省と経産省




総務省は「休日」、「祝日」と定めても、文科省は大学生と先生は授業をせよ、というねじれた時代。

ところで、
28年連続の債権国ニッポン。大丈夫。借金はあれど真面目な国民の預貯金は1860兆円なんて凄い教育だと思う。

★数日後、財務省による消費増税でついに10%になるが、経産省がキャッシュレスに向けてシステムを使いこなせば還元をしてくれる。ならば、やってやる!



もともと現金を使っていない航空マイラーには逆にありがたいシステムだが、いずれにせよ時代の進化について行かねば損をする。各カード会社のキャンペーンもフルに使いましょう。


are you okay ?



私の場合、
ANAカードで登録してあるクイックペイをスマホのグーグルペイアプリで使う。
これで20年6月末までは請求時に5%還元される。

これで、JCBの「キャシュレスキャンペーン」に登録するともれなく20%還元になる。
鉄道系のスイカも入れてある。これもANAスイカカードから。



とにかく概念を勉強し、スマホを無くさないようにしましょう、という事か。