動画(Youtube)

Loading...

2017年11月12日日曜日

小さな腹いせ😓



誠に小さ〜〜い事で恥ずかしいのですが、

阪神高速神戸線には姑息な手段の覆面ぱちょかーが数台、市民を守るよりは楽しく捕まえるのを生業にしておる権力側車輛がおります。税金投入先ですから苛立ちますね。

で、今日運転中に発見したので「適正な距離を保ち」4キロほど完全に追尾してやりました。車線変更も完全追尾。確かに指定速度で走ってはります。

私の乗る比較的早そうな車が不自然に遅いので追い越し車線で抜こうとする他の市民の車が須くスピードダウン。多分、20台の同志を助けた結果になりました。帰宅時も同じ事が起こり遂行しました。しっかし彼らも暇なのですね、特に晴天の日曜日は。日本に生まれて良かった。



それだけに少し気分が晴れた次第。


危険運転や完全なルール無視はまだしも、流れに乗る車の先頭を見つけるなど姑息な点数稼ぎを恥じ、公僕らしく本当に適正な方法で取り締まリなさい、と一市民として思いました。本当の罪を正面から取り締まるなど、子供に自慢出来るような仕事をして欲しいもんですね〜。


2017年11月10日金曜日

幸せか?



豊岡市の訪問コンサートも終盤。複数日で4校程を周り、およそ600人に音楽を届けて来ました。良い意味で純朴な感じの児童や一緒に真剣に聴いて下さる先生方を相手に演奏をしてると「やり甲斐」が非常にあります。間違いなく大喜びしてくれるのです。
大げさに言えば、幸せをお届け出来ているのかもしれません。




一方、私にはえらい不幸が襲いました。

素敵な余韻に浸って帰路の途中の踏み切りを渡った直後にパトカーが追いかけて来て強制停止。あの「威嚇体制」は例えば、中国人民解放軍が人民を攻撃した昔の事件のよう。
そもそも踏み切りでは停止しますよ。


若い制服の兄ちゃんが丁寧に「踏み切りで止まりましたか?」「もちろん」「私にはそう見えなかったけどなぁ〜」「はぁ?」、、、


さすが、権力。自分が正しいのだ感。威圧。

こんな若造との見解の相違で議論するのも時間の無駄。
取り締まりのための取り締まりをして点数を稼ぐ兵庫県警に楯突くにも嫌。
踏み切りを突っ切った車などならまだしもですね。小さい。平和で暇なのは良い事。

「ならば君の思う通りにしなさい、さっさと事を進めなさい、互いに時間の無駄でしょ」
と、徹底して逆に屈服して来ました。2点減点に9千円らしいです。嬉しい事でしょう。ノルマがあるようですから。

面白いものでこちらに説教をしたかったようですので論点を変えて、パトカーに燃費が悪い車を多く使う意味等を喋り続けてきました。で、

興味深いのは、結局、何が悪いのかの説明を果たしていない点です。証拠も無し。
私は停止している概念ですから反省がありません。踏み切り前には停止します。

事なかれ主義では互いに気が合ったとも言えますが、まぁ「人を幸せにする」仕事をしていない事は非常に気の毒だと感じました。まだ若いのに制服着用して田舎の単線の踏み切りを見張り、絶対主義を一市民に主張するなんて他の人生もあったろうに気の毒な事です。正義とはほど遠い事です。自衛隊はまだしも彼らは命がけの仕事もしませんしね。


私は今、子供達に幸せを届けて来た帰りですよ〜、と伝えて来ましたが権力側の若造には意味が理解出来たのでしょうか?
最後に「すみませんでした〜」と言われたのですが、どういうこと?


その後に寄った紅葉の素敵な場所で、暇で幸せそうな警官を捕まえて踏み切りでの原則を問うてみました。
タイヤが止まれば(左右の確認を怠っても)可、だそうですよ。


人を幸せにする、幸せだと感じて頂ける仕事をしていて良かったとつくづく感じた次第。
権力を持つと人は変わりますし尊敬は失うのでしょう。どの世界もそのようです。





2017年11月4日土曜日

シャルパンティエ



シャルパンティエの「真夜中のミサ」を大阪天満教会で演奏して来ました。

プロの演奏家というのは例えそれが愛好家の合唱団の方々のオケ担当であっても、経験と知識、技術で作品を本番までに深く読み込んでいきます。リハ中はスコアは勿論必携。
言葉に併せたア−ティキュレーションも必要で、宗教音楽に疎いと非常に違和感のある演奏になっていきます。



いずれにせよ愛好家の方々はプロではありませんので当然様々な事故も起こりえます。
途中で拍子やテンポが頻繁に変化する箇所などが「怖い」場所です。
一方我々は人を不安にする、ミスをする事はあってはなりません。

で、結局は音楽を支え続け進める事は当然、何気なくコンマ何秒で先導して行くのも仕事です。

個人的には作品統制の不安から軽い吐き気を伴いつつ前日を過ごし、当日も食欲は無く、しかしプロ側の本番力で無事に仕事をして参りました。終了と共に劇的に空腹感が襲います。特に管楽器は唾液の関係で一切の食事や炭酸もタブーです。

バッハ、ヘンデルに比べて耳にする事は少ない宗教曲に於けるオケのリコーダーパート。
作品力が高いのはともかく、とにかくアホ程読み込んで練習する事が結果を良い方向に導く気がしました。まぁ数年は無い仕事かと思いますが。貴重な空間でした。

2017年10月29日日曜日

合唱団へのゲスト出演



17年11月3日(金:祝)、大阪は南森町(大阪天満宮駅)至近の天満教会で16時から、「アンサンブル・だまにーしゃ」さんのコンサートにゲストオケ要員として出演します。

合唱団さんの頁から拝借したリハ風景


メインはシャルパンティエの「真夜中のミサ」。
弦楽にオルガン、リコーダー二本がオリジナルで指定された楽曲。
古楽オケでバロックピッチによる演奏です。みなさん真剣に取り組んでおられます。


バッハなどとは非常に異なる楽曲構成のフランスの名曲演奏をお聴き戴ければ幸いです。

2017年10月28日土曜日

苦渋




この写真は2年半前に台湾の台南のフェスで私のピアノトリオで自作と即興をやったときのモノです。実はこういうコンサートを日本でもしたくてたまりませんが、如何せん過去の集客が悪過ぎて怖過ぎて出来ない状態。他国ではロックコンサートの如く信じられない程の反響を戴きCDも飛ぶように売れるのです。難しいのは自国です。



正に真の叩き上げで、過剰にストイックな専門のバロックのリコーダー演奏では多くのお客様に御来場戴けるようにようやくなりましたが、こういうファンタジーのあるメンバー(その道のオーソリティ)と自身がジジイになる前にやりたい放題炸裂させたいものですが、日本という国はとにかく難しい。
お前がピアノ弾いてもなぁ、リコーダーでジャズなんてな〜という具合。

お客様と共感共有しあってこそのコンサートなので、外国だけで通用しているのが現状です。どなたかご興味ありませんか?実は1993年創立の24年のグループなんです。


音楽理論的にはクラシックロマン以降よりはバロックの概念そのものの発展がジャズなんですが、、、

2017年10月26日木曜日

つかまされる会社?




極めて個人の意見見解なんだが、SとBぁンク&わいモバイルの基本的に店舗で「つかまされる」事に皆さん注意されたし、と思った事があったのでご報告。


いろいろ整理したくて数ヶ月前に持つ回線を数年かけて全ての回線を解約した。
それも店舗に出向いてこれといった問題も無く終了。
軽い断捨離をしたつもりでいたのだ。


しかしだ、クレジットカードの請求に540円の請求が来続けた。
おかしいと思いつつ、数ヶ月。ようやく行動した。


「えくすぽコンテンツ」というスマホにかかる何らかの保証会社の請求が続いていた。
これを店舗契約の際にわやわやと入る条件とか言われたのだろう。その時は了解したのだろう。
当然回線を解約したのだからそれも解約されているだろう、と思いきや、なのだった。


グレーなのかブラックなのか、回線が無いのにそれに付随する何かに、しれ〜っと請求され続けていた、というわけだ。こういう会社の受け付け嬢はクール。多分引け目だろう。
電話番号はもうありませんよ、と、言うと、すわ、本人確認の住所と生年月日で解決。


そりゃ儲かるわけで、多分、数万人いますよね。くれぐれもご注意を。
因みに私は楽天モバイルに変えて全て単純明瞭になっている。
つり広告はあるが契約は明瞭。

ネットで調べていたら多くの市民の声が上がっている。
総務省か何か知らんがもう少し仕事をするべし。


2017年10月22日日曜日

コーラスのコンサートに




季節外れの台風の直前、神戸市北区の比較的年齢層の高い愛好家コーラスグループの発表会にプロ演奏家のゲストとしてお邪魔して来ました。雨にも負けず熱心な団員の方々と百名近いお客様と共に素敵な音楽空間を共有出来た気がします。うたの力も良くわかった気がします。ピアノ伴奏とギター伴奏の相違も。


是非に、と紹介した以前に違う演奏会で共演したことのある神戸在住のギタリストの方とCのブルースと情熱体育?などを白熱しながら演奏して来ました。
楽譜が無く(しかしコードパターンで)演奏する事がいかに瞬間的で楽しいか、なども解説させて戴き、また合同でコーラスに混ざりながら無事に終了。


神戸市帰宅は六甲山系の北ですが、我が家は南側の西宮。
台風と山の相関関係を身を以て知る機会になりました。
こちら南側が暴風、豪雨。


あす警報で休みにならないかな〜なんて子供のようですが、、、