2020年4月1日水曜日

新学期:大学の動向



一億二千万人の日本人口における相対的な罹患数を考えるようにしてみると、少し気持ちが治まります。インフル罹患は通常二千万人だそうです。


大学の始業にもおおいに影響が出ている今回の災害。
日本の未来にも影響する若者への教育、育成にも影響する大変な事です。

本来は四月の第2か第3週から始業されますが、私は関西の3大学の勤務で各大学から通知があったりなかったりの混乱の中、概ね五月の大型連休の前後からの開始となりました。その分、夏休みにしわ寄せが行く対策ですが、取り敢えずは妥当なのでしょうか。
今になって学生の罹患も多くなって来ましたので、各大学の所在地にも寄るようです。

それはそれで良いでしょうが、とにかく数年前からやたら「回数」にこだわる政策に変化。内容重視では無く回数重視になっています。我々の時(12回×2期)に比して年間6回も多くなりました。それにはどのような根拠があるのでしょうか。


実は個人的に、一番長い大学は今年度で実に勤務が30年目になります。
非常勤がここまで続くとは思っていませんでしたが、今回のような事態も初めてです。


時代の変わり目



何より、今まで通り音楽家としてどこまで持ちこたえられるかの方が問題です。
今までどれだけみなさんに支えて頂いていたか、また、自力の無力さを痛感します。
だからと言って、音楽家等は超専門家ですので、他に何も出来ません。

今の暗い闇が明け、一般の方が芸術を求める日が戻る事を祈り、プロとして練習や研究をしてスキルを上げて耐えるのみです。ただ、未来に向かう若者や中堅の悲鳴も聴いていると辛く思います。

◆他国には清潔さでは随分と勝る日本は誇りますが、国民を守る国家的な生活保証や市民への寄り添いには冷淡過ぎる政治対策の遅さと浮世離れの案には期待も出来ずに引きますが、今は科学、医学関係者の力に期待をします。


我々はちゃんと納税しているのですが、なぜこれほど対策が遅いのでしょう。マスクも。
安定所得者とはおぞましく異なる世界の人間も多く存在している事をもう少し知って頂きたいと思います。才能は適材適所。全員が公務員を目指す事になるとどうなるでしょう。




2020年3月29日日曜日

バリ 七



こんな時なので、もう随分前になったものの、バリ島日記を再開します。


****************************


素晴らしい天気。少し早めに朝食。絶景の場所にテーブルをわざわざセッティングをしてくれる。このホテルのレストランは全て上質。わざわざ来る人がいるわけだ。
外国では珍しく水のサーブまであり、それを注ぐガラス容器内まで素敵な工夫までこらしてある。レモンやライムなどが入っていて壮快な味がする。
最近のバリの「氷」は同じ形であり、即ち専門店からの購入になっている。

朝陽が差す方向まで気を遣ってくれる女性スタッフ。
端は半時間程でまともに陽が当たる故だ。


ジャングルと空しか見えない絶景


10時にホテルシャトルで市場(中心地)に出掛ける。ここの送迎は随時で無料なのだ。
いつものウブド市場の店を散策。いつもながら値段は無茶苦茶。交渉で3分の1になったりする。もういいわ、またね~というと最終価格が出るので参考にして下さい。


いつも行くコーヒーのお店で。バリ産のアラビカ豆とジャコウネコの豆を購入(定価)するここは日本人の経営で以前にも多くの知識を授かったことがある。

で、奥におられたので挨拶し、また沢山の情報を聞いた。
とにかくバリコピはダメ。トウモロコシが配合され沈殿されていてろくな物ではない。
確かに美味しく無い。

良い豆は全て輸出される。ここでは畑ごと先物で買い、ご本人が焙煎してお店で売っている貴重な所なのだ。故に、次々に客がくるが、構わず半時間程はそのオーナーとおハナシをした。建国70年しかないインドネシアという国の歴史等、興味深い事ばかり。


昼が近付くにつけ、徐々に熱くなる中、よく行く「チンタ」というレストランで私はビール、コーラ、ビーフバーガー。やはり熱いので喉が渇くし、美味しい。全く酔わない。


レストランスタッフに頼み、ホテルへ電話をしてもらいお迎え。
我がホテルの車は特別に入って来れる区域なのだ。

部屋に戻ってプールにどぼん。最高である。最高。完璧なクールダウン。
ふやける程に快適。その最中にアフターヌーンティがプールサイドの居間に用意される。
プールの中でアイスコーヒーを飲んでやった。うふふなセレブ気分だ。





あとはシャワーしてまったりと過ごした。
雨期だし毎日凄まじいスコールが来るが、今のところ今日は雨が降っていない。


2020年3月28日土曜日

スイサイドへの対策を




記者の江川さんが首相会見にて的確な質問。

権力側が市民に何かを要請するなら、それを補う保証や具体的な対策は無いものなのか。


確かに、家を出るな、活動するな=キャンセル続出、収入減、経済停止。
何より人間のモチベーションをアンコントーラブルにします。

応答は通常通りの抽象的表現でいつもながらの天才の域。返事になっていない。
多分、予定調和が無かったのでしょう。
基本的なロジックが無く、浅知恵の発表と対策には辟易。



恐ろしい程の年金、種々の税金を納めるまくる日々。
超超高齢化社会かつ不要とわかった文化活動にも大きな影響が出ています。
仲間も心配。特に中堅、若手の希望が断たれる様にはその先輩として胸が痛みます。
ドイツは芸術系へ6兆円の援助を発表、に対して日本はポエム、、、。

発表する側は、まぁお金に困ってない方々ですわね。ここぞと目立って楽しそうです。
そもそもが平日休日は公務員ベースで、休日に稼働するお仕事は概念事態が理解不明。


凄く僅かなコロナ感染者死数が近々の現実的自死者数を上回らない事を祈るばかりです。





2020年3月27日金曜日

閉鎖告知





長らくお越し戴いていた大阪市中央区南船場のレッスン場は、事情により、この5月中旬をもって閉鎖致します。お越し戴いている方へは個々にお伝えします。


毎年6月に予定している合奏発表会についてもいよいよ開催が危うくなって参りました。
コロコロコロコロ変わる情報に振り回されますが、近日決定し個々お伝え致します。
延期はありません。





劣化




一応我々の仕事の基本は人間同士の「約束」なのですが、結構簡単にキャンセルされ続けるために四苦八苦。因果応報では無いでしょうが、パンデミックですものね。一蓮托生。
そろそろじわじわ来ましたので、仕方無く信託銀行でそこそこの定期預金の通帳にまずは通帳記入をしたらば、



金利が「3円」、、、、、さっ、さんえんって、、、、、



ぬ〜〜〜、ATMでの通帳への印字の方が金かかっとるんと違うか、と。
こんな国でしたっけ?。で、銀行員の給与ってどうなってるんだろう?まさか満額?。

平民としての平常心を保つために「仏教」の本を買って来ましたw
まずは庭に菩提樹を植えてその下に座ろうと思います。


おぜんざいお食べの時はおごま豆腐


パンデミック&国難なのにお肉券、お魚券、お寿司券というご冗談はお江戸らしい面白さと認めるものの、「お」は要らないとおお思います。お米と御飯は何か自然ですけど。



2020年3月26日木曜日

ひえ〜




今現在、現実をキッチリ見届ける事は社会的に必要な事でしょう。
五輪に備えて購入した優秀なテレビで情報を得る毎日です。

人々と接する仕事柄、責任もあり、非常に配慮するべきかと思います。
立ち場的にもマスク、手洗い、消毒、は絶対です。自家用車も活用。




しっかし、、絶対すると言ってた五輪はすんなり延期。
決まったら首都圏の話題だらけに。極めて政治的。段階がある事が妙。

因みに、関西は府県の知事の要請で先般の連休は皆さん緊張して自粛しておられました。幸い?桜も関東より遅く、あっという間に罹患数が抜かれるには訳がある訳です。

買いだめは辞めて下さいという映像を垂れ流して逆にあおり、また新しいカタカナの続出。ホストタウン、ホワイトヘルメット、アウトブレイク、オープンエアでもソーシャルディスタンスを、実効再生産数(感染症の流行が進行中の集団のある時刻における、1人の感染者が生み出した二次感染者数の平均値)、だとか。


密集するな=学校は四月に通常通り始業??????
教室で先生と学生間に罹患は無いのかと。先生の端くれとしてはよく理解出来ません。
滅裂です。少し「現場」を知りなさいと。



大講堂


さて、厳しい話題への疲労、理不尽な仕事キャンセルに耐え忍びつつ、ならば、深山幽谷は比叡山、延暦寺に詣でて来ました。花見や大勢の環境が大嫌いな私には良い環境です。



世の中の 山てふ山は 多かれど 山とは比叡の 御山とぞいふ





世界遺産。大きな敷地に50人弱!!の参拝者という異常事態でした。駐車場は数台。
空気感以上に、そもそも空気が全く事なり、なるほど1200年も前に建立された場所。
そんな昔によくこんな大きな建物を山の上に建てられたものだ、と驚きます。




比叡山全体が曹洞宗の総本山


教科書で習ったおよその宗派の偉いお坊さんが勉強した所だそうです。



谷に降りる「釈迦堂」への階段。このような構造は非常に珍しいそうです。誰も写りません。

で、そこそこ元気なうちに行っておかないと、とにかくアップダウンを歩きますよ〜と。
また、己の年齢が上がったからか、若い時と全く異なる気持ちで参拝出来ますよ〜と。

妙ですが、世界が元気になると逆にこのような風景も無くなります。二律背反。








2020年3月23日月曜日

新語オンパレード




大阪と兵庫の県境往来自粛という非現実的な対策は無くなりました。馬鹿っぽい取材も興味深い事でした。ほとほと無教養過ぎる要請なものの関西人はG20時等、結構協力をする人達が多いので、確かに緊張感を要請する文言としては受け入れた面もあるのでしょう。おとなしい関西人。

しかし、


小池知事がロックダウンを検討するのはオーバーシュートの可能性でテレワーク推進。
オリパラはバッハ森ラインでうんぬん。
F1中止なのにアリーナでK1。

要は

首都封鎖、爆発的患者急増、在宅勤務、老害権力決定権。過剰な平和ボケ。


なぜ、わざわざカッコ良さげな言葉で言うのかと。
この期に及んでは日本語で分かりやすくお願いしたいコヴィット情報。


外堀からじわじわ来ている我々音楽家等はどうなる事でしょう。
超優良企業の全日空ですらどうなるか分からないとの事。