動画(Youtube)

Loading...

2017年3月24日金曜日

スペイン3−2 グラナダ



列車は途中の何とか何とかという駅でほぼ聞こえないアナウンスの中、英語で喋る人を探して自ら確認。ゆったりして事情がわかっていない韓国の青年に英語でグラナダに行くには今降りるんだよ!と親善の気持ちで伝えた。驚いていた事に驚いたが、とにかくついておいでと言い、無事代替バスに乗車。これに80分ほど。思わぬバス旅行となったが、疲労して寝ていたという始末。なるほど、途中の線路を真新しい架線を貼っている。近づくとないので今までは気動車だったのだろう。

バスが本来のグラナダ駅に到着したのは15時過ぎ。すぐにタクシーに乗り、ホテルへ。
ワタシ好みの綺麗なレセプションで最上階の部屋に入る。落ち着いていて良いが格安。
メリアグループのメリアグラナダ。

その後、とにかくカテドラルや何やらを周り「日本語センター」を尋ねる。親切な人で相談にのってくれるところによれば、ここんとこアルハンブラ宮殿には予約者が多数で当日はその予約の(特に団体の)キャンセル枚数の裏返しだそう。30人大丈夫の日もあれば300人大丈夫の日もあるそう。昨日の人は8時の開園に5時に並んでアウトだったらしい。何だかアホらしい。

団体様も結構だが、こちとら英語力や旅慣れる努力をして来ているのに結局はまとまった金なのかと落胆。もう行かないことにした。昨日のセビリアの邸宅で充分。
その代わり、芸術家の端くれとして洞窟で行われる本場本物のフラメンコショーに。
これが大当たり。
夜景鑑賞でアルハンブラを見学したあとにワンドリンク付きで鑑賞。

初めての体験だったが、ダンサー、歌手、ギタリストの組が3組。
それぞれの詳細は不明でも、そのタイプや個性が異なり、間近過ぎて迫力と気迫を体感した。
ダンサーが完全にトランスして踊り狂う姿と歌、ギターのコラボが完璧。
およそつたない文では伝えきれない。これは観て下さい。
何か凄い分野の芸術だ。

凄いもんで4時間程をかけてホテルに戻ると午前様。
明日はどうしたものか。しかし旅の疲れも出てきた。
と、いいつつ洗濯も頑張った次第。