動画(Youtube)

Loading...

2017年3月28日火曜日

スペイン7 トレド



今日が滞在最終日。トレドに向かう。あいにくの天候だが少しばかり暖かい。
前日に購入しておいた駅にあるトレド観光センターの一日パックBにはアヴァントという特急の指定席券、乗車券も含まれているので面倒さが相当減る。
で、乗車時間20分前に駅に行く。

スペイン国鉄は時間が正確。9時20分のアヴァントが14番線から。
半時間でトレドに到着した。

そこから二階建てのバスに乗車するとトレドの近郊を一周して市内に入り込む。
おかげで川の中に浮かぶ要塞のようなトレドの町が一望出来た。
良く出来たパック。

*******
最後の夜ということでマヨール広場のレストランで夕食。
ここで、今後の自分の為に諸事まとめておこう。

まず、

☆副流煙が凄い国=歩きタバコと喫煙の多さには閉口する。

☆「パエリア」は特に二人前以上で、とされない店では必ず一人前で。
何より、ビールにパエリアだけでもパンがついてくる。

☆ビールとタパス一皿、サラダくらいが適当。
タパス二皿のみでふたりで充分。

☆バルは遣いやすく、エスプレッソにトイレ付きと考える。

☆スペイン製の靴が素敵で安い。

☆本当にみなさん「オラッ」と言ってにっこりする。

**************

トレドは月曜だったため「エル・グレコ」博物館やらが休館なので少し損な気もするが、それでも散策で充分歴史にトリップ出来る町だった。カフェ等も入りやすい。
「剣」を扱う店多数で坂だらけ。靴は滑る。


帰りは駅まで歩いたが、要塞の町から下界に降りる超ロングエスカレーターが面白かった。駅まで半時間弱。景色も素敵で、面白い事に駅まで歩道にはピンクの線が描いてある。

20分前に乗車可能になり荷物検査。
今回のチケットは往復進行方向だったのはトレド観光センターのおねえさんのおかげか。
しかも相当新しい車輛で座り心地良く、うとうと帰ってきた。

少しぼーっとするのでマドリッドでは危ないと考え、一度部屋に戻り休息。

その後、最後の散策に地下鉄で再び「ソル」駅を目指した。
まぁとにかく都会なので四方に商店が並んでいる。特に靴屋は本当に多い。

今回、一週間の行程だったが、相当濃い内容になり、片言のスペイン語を覚えた。


何せ遠いのでそうそうは来ないだろうが、欧州の中では歴代一番気楽な国のように思う。
物価も高くはないし、特に気取ったりしきたりも無く食も豊かで公務員以外はモチベーションが高くて基本的に親切かと思う。一応水道水も飲用可能。

再訪はあるかと思います。


明日、正午過ぎのキャセイで香港に飛び、良日の早朝に香港に到着する。


@マドリッド