動画(Youtube)

Loading...

2015年2月10日火曜日

ウブド2



今日は抜群の晴天。
ジャングルと空、雲のグラデーションが美しく、感性に訴えてくる。

8時(日本の9時)に朝食へ。今日もアメリカンをセレクトする。

日本では絶対に食さないフルーツの盛り合わせにヨーグルトをかけたディッシュを平らげるのも、
バリのパワーかもしれない。
そもそも、普段、朝食はコーヒーだけなので、物を食べる自体で、非日常。


その後、美しい気に入りのプールのデッキチェアを陣取る。
まだ、建屋に太陽がさえぎられていて、水に景色が逆さ富士の如く、映り込む。ヤシの木だが。

徐々に真上に太陽がやってくる。ほぼ赤道だから「南中」なでなく「真上」。


ここで、ちゃぷちゃぷ、平泳ぎ、クロールなど。潜水などもして遊んだ。
愕然とするが、クロールの後のしんどさは、尋常では無い。加齢と普段の運動不足の証明だ。

今日は韓国人のファミリーが同時刻に遊んでいて少し談笑したが、
「韓国も日本も今、寒いよね~」。その通り。



2時に独特のマッサージに出掛けた身内を見送り、自分は普通のマッサージ屋「リリィ」に。
バリニーズ・マッサージが1時間で650円!+ フット・マッサージが1時間で同額。
プールで冷えはしたものの、もの凄い太陽の照り付けの中、雨傘をさして15分程歩く。
日蔭は涼しいので苦痛にはならないのも南国らしい。日蔭ならクーラーは不必要。

結局、2時間、充分に施術を受けた。安いが技術は良く、度々寝てしまう。


夕刻にホテルに戻り、ファミリーでホテルのシャトルでウブドの王宮地区に出る。
そぞろ歩き、「CHINTA」なるレストランで食事。当然、何回か来ているからだが、
ここのサラダが飛び切り美味なのである。
明るい社長が自ら入口に立ち、ご機嫌や様子を見にまわってはる。

うちは調理場とテーブルが近く、近辺はガラガラだが、いつも満員なんだ~と言ってはりました。
確かに、おいしく戴き、食材も良く、配膳のタイミングや気配り、モチベーションも笑顔も良い。


昨日と逆方向からビスマ通りを歩いて戻るが、完全に真っ暗な地区を通るので懐中電灯は
必須アイテム。また、スマホの懐中電灯アプリも役に立つ。
怖い事は起こらないし、日本の田舎、或は昔の田畑の臭いが悪くない。

もちろん、星は物凄くきれいに見える毎晩である。