動画(Youtube)

Loading...

2013年6月29日土曜日

ヒューマンな部分



3ヶ月ぶりに休日が訪れ、ならば大阪の再開発の最先端である「グランフロント」を冷やかしに
出かけました。

オープン時に行きたがるミーハーさには欠け、一時的に落ち着いた時点で訪れるあたりが
インテリジェンスですね。(自分で言うか・・・)

しかしながら、よりによって今日からバーゲンですと(@_@;)



仕方ない。都市計画、コト大阪のキタに関しては日本でも著しく遅れていた感が否めずに
いただけに、どのようなハイセンスな構想の結果が見れるのかとワクワクして向かった次第。



主観的観点から、また相対的に最近の風潮でみれば、まんま東京駅の丸ノ内ビル、通称、
丸ビルと第二丸ビルに似た雰囲気でした。渋めと安易なファースト・フードの安い臭もなし。

南館は空間が少なく、お店も人が多い。駅に至近なための綿密な計算ですね。
北館はシンガポールや香港のショッピング・コンプレックスにみる無駄な空間での優雅さを
見事に具現していた感。
逆に、大阪らしさは皆無と言えましょう。ただレストランは28時までとは国際的。


店舗自体にはそれほどの魅力を感じるこちらの才能は無いものの、これだけの飲食系やショップ、
はたまたラボから大手の公認ショップまで揃った事には正直、雇用も相まって、景気回復の一躍を
担っている気配すら感じました。


日本を独立してもおかしくないくらいに主観を重んじる関西人に果たして適合するかは未知数
ながら、新しいデート・スポットとしてはなかなかのロケーションとバリエーションだと思います。


*******************


さて、そこで出かけたついでにドコモショップにグランオオサカ店に携帯の「電池」を妻と
2台分申し込みに寄ってみました。

まずは、受付のコンシェルジュにその旨、伝えます。
まぁ、立派な店舗でしたわ。広い、綺麗。

待ち時間など野暮な時空は無し。

いきなり案内され、担当にしっかりしたおねいさんに長年使用による経年劣化を説明。
ドコモ・コンシェルジュというワッペンをつけた彼女に1を言えば10を理解する能力に、
全くのストレスレスで事柄が進行していきました。

自信とプライドを持って真摯に向き合う姿勢は素敵なのです。


ついで、お持ちの携帯を今、クリーニング致しますね。
しばらくして、おしぼりまで出てくる始末ですわ。



その間に妙な気まずさが漂わないように、以前に体験した西宮ガーデンズ店の、
どあさってな対応を報告しておきました。

いわく、
私の使用中の携帯の液晶が割れて完全に使用不可。
非常に困っているので、何とかしてください。
はぁ、しかし今日はギャラクシーの発売日で待ち時間は2時間ほどです。

いやいや、買い換えるポジティブ精神と、緊急自体のネガティブ精神が共存はおかしいでしょ。
わかりますか、私の言っていることが。もし仕事で電話がかかったらどうするっ!(゚Д゚)ノ

お持ち下さい、で、正社員らしきスーツ姿の正社員的おば姉さん登場。
結果、
ここに電話をして下さい。

「・・・・だから、携帯が壊れとるのですが、電話しろって・・・。わ、わかりました・・・」

多分、こやつらはアホですから私の心が折れました、その時。
非常に冷静に阿呆に分類される人って状況判断能力に欠けます。

帰宅して、家の電話で電話。
そしたら、「お客様、ドコモの携帯ショップに行かれて下さい」
ぐぅぅぅぅぅぅ

まぁ、そんなトホホなハナシを今日の彼女に致しましたわ。

グランフロントオオサカの非常に気合いの入った店舗のおねいさんですから、
多分、秀逸な選ばれしスタッフなのでしょう。
さすがに「それはひどいですね~」と同情してくれました。

最終的にブランドがどうのこうのではなく、ヒューマンな部分が非常に重要であると
確信した次第ですわ。あらゆる分野でですね。


目を見てしっかり自信をもって対応。引けめなどなし。
携帯の電池もドンと出てきて、無料ですっ!


綺麗な人でしたが、優秀だから綺麗なのでしょうね。
引け目のない人生を送りましょう!