動画(Youtube)

Loading...

2013年6月12日水曜日

非常に低脳




愕然としたが、日本のプロ野球機構が選手に対して秘密裏に、しかもウソまでをつき、
統一球の反発力を操作していた件。

子供からミドルな選手、はたまたファンに対する冒涜甚だしく、日本の旧態然とした
非常に低脳な状況がまたあらわになったと言わざるを得ない。


しかも老体コミッショナーは責任無しと自分自身が考えているのだからおめでたいハナシ。
「知りませんでした」っていうウソも、もう嘲笑のクラスで脳がない。



そろそろこういう老人の跋扈する体制を変えないと、「敬老」などという精神すら
旧態化するだろうし、既に始まっている事が君らには理解出来ないのか、と、
不思議で仕方がない。




死に物狂いで努力している選手、などというヒューマニズムなどはこの際はよろしい。
努力や才能は相対的な個々の繁栄に影響しないからだ。
(投手の防御率などの成績に対するインセンティブでは、実に気の毒な事だと思います)



視野の狭すぎる権力と、お金への日本の老人の執着は結局は非常に恥ずべき行為という
マンパワーかつヒューマンエラーという状態が理解出来ないのはもう凄い。
せめて現役選手には伝えれば良かろうに。
試合中の会見も不自然極まりないし、エクスキューズだらけで反省もなし。




結局、その世界の信頼を貶めているのはあんたたちだよ、と。
日本が落ちていく側面そのものです。