動画(Youtube)

Loading...

2012年2月9日木曜日



五日目なのだ。


8時起床のつもりが7時に目覚ましが鳴り、起きてしまった。
仕事日なら悔しいが、今日はそうではない。

朝食は胃への負担を考え、ヘルシーメニューの選択。
軽い感じは車移動に絶え得るものである。



待ち合わせピックアップの10時にマルジャナさんと
奥様が正装で待っていてくれた。

彼といつも「待ち合わせ時間早着き大会」状態で、
非常に信用出来る友人である。


一路、べサキ寺院に向かう。ざっと90分のドライブで
メイン道路を避けつつなため、なかなか観れないバリらしい風景を
数多く観ながら移動した。
真っ裸の沐浴など、見たことはない(男性だが)

一般には一キロを歩かねばならない駐車場を避け、
地元の人ならではのショートカットをしてくれて、
随分楽に到着した。



べサキ寺院周辺では雨。
「傘を借りてくれ」、という商売がこの世に或ことを知る。しかも子供だ。
こちらは傘をさしているのに。

友人マルジャナさんの正装


ここはアグン山を背にした地にあり雨が多いそうだ。
何よりバリ・ヒンドゥ教の総本山である。

割れ門の左が悪。右は善。

しかし物事を反対から見たらそれが逆になる、など、
自己の主観が必ずしも正しいとは限らず、物事の見方を
考察せよ、という自然さが備わっているという。

基本敵に自然崇拝であるこの宗教の説明を毎度受けるが、
色々と理解が出来るようになっては来た気がする。

イスラム勢力が伸長したジャワ島と違い、独特のバリヒンドゥ文化
が形成されたそうだ。


例えば、バリの人しか入れない一角まで存在する。



聖地のガムランです



その後、久しぶりに景勝地であるキンタマーニ(←本当の名前)に立ち寄る。
思えば十数年前に初めて来た以来であり、その時が
マルちゃんとの出会いの時であった。

バトゥール山とバトゥール湖はあいにくの雨です


今回はあいにくの雨のため景観は少々残念。

観光客向けのレストランでランチをしてホテルに戻る。



珍しくこの日は一日雨が続いた。
雨期とはいえ、一日振り続くのは異常だ。

それでも、夕食は昨日と同じレストランで。
覚えられていたようで、また今夜もね。と言われる。

素敵な水たまりを発見