動画(Youtube)

Loading...

2014年2月11日火曜日

移動してシンガポールへ





デンパサール1650⇒ガルーダ・インドネシア航空GA842⇒シンガポール1930 
ザ・リージェントシンガポール泊1


7時に起床。8時に朝食。9時から半時間のマッサージとなかなか忙しい。
今日で朝食も4回目。実際には飽きて来たというのは正直なところだ。


私の大好きなロケーションのひとつです、このプールは。


9時のサービスマッサージのためにSPAに出向くと、あちらから名前を確認し取り敢えずのソファに通され、甘い飲み物を頂く。その後に森の階段を抜けて、川のせせらぎの横にある個別の塔に。




外を眺めて座り、ショルダーマッサージを受けた。
やはりそこいらの安価な店とは異なるハイクオリティな空間と施術を存分に堪能した。
これなら90分で60ドルなので完全に受ければ良かった。

再訪を誓い客室に戻る際に、いつも声をかけてくるマネージャーらしき男性に荷物の
ピックアップを依頼する。

10時に正確にマルジャナさんの到着。一路マス村に向け出発。頼まれたバティックを買うためだ。
結果、彼の値切りで三分の一の値段になったが、それだけに前記したSIMカードしかり、知らぬが仏で団体さんはさぞ高い値段で買わされているのだと思った。


昼食を先日の中華のホワイトアスパラのスープを飲みにクタ近所のレストランに。
後ろに日本人の四人組みがおり、少し話しかけたら高山のお寿司屋さんなのだそうだ。

関空からのガルーダで到着したから何ら天候に問題はなかったらしい。

そう言えば、マルジャナさんによれば今日の羽田発の便は16時間遅延したとのこと。
朝の4時に到着との事。代表する空港で国際路線が増えたのは良いが、大変だろう。
その後の空港での羽田行きが到着遅れで遅延していたので18時に飛んだとしても羽田に1時頃だろうから皆さんどうするのかと。我々はそれでも10分の遅延でシンガポールに向かっている。

完成半年の高速道路の入口




さて、今回のバリ訪問は2年ぶり14回目であったが、驚異的なインフラの整備の進行具合には驚いた。結構なことだ、でこぼこ満ちや渋滞の箇所は地下を通したり。何より空港の大改築には恐れ入った。テイクオフ時に見えた限り、旧ターミナルは取り壊しにかかっていたのだ。

ところが、国民性か役人思考か、バカ丸出しの面が多く、およそ効率的などとは言えぬ醜態にはうんざりである。

まず、

① 空港の建家に入るのに荷物検査で行列。(基本的に屋根はあるが外になのでクーラーはない)
次に、
② 車を降りてからその入口までが結構な上り坂である。重力の法則を無視している。

③ 並んで入る時に男女が分けられる。まぁこれは荷物や身体のチェックで理解出来よう。

④ チェックインが2時間半前までゲートさえ表示されない。白人男性とタッグを組んで係員をおす。

⑤ 無事にチケットを受け取ると、出国税1万5千ルピーの支払いに並ぶ。払ってやる。
  (入国で25ドル、出国で15ドル程とは恐れ入る)

ここで、まさかの

⑥ なぜかの荷物検査が再び!!ベルトを二回も外させやがる!

次は

⑦出国審査だが、また男女別に並ぶ。ブースに対して係官が半分なので20分は並ぶ。

この時点でのストレスは他の空港の追随を許さない。

無事に出国スタンプを押されると

⑧ ゲートまでにうねうねと免税店ん中を強制的に歩かされる。これが結構な距離かつ無駄。

⑨ ようやくゲートが並ぶ長い通路(多分1キロ程)に出るとゲートに辿り着くのである。しかも今日は30分前でもゲート指定が表示されなかったのには参った。何となくシップをみて、5番に待機していたら的中。シンガポールへは737-800なのだ。

しっかし、誰が考えたのかこれは非常に馬鹿げたな発想だと思う。




そもそも観光を主に、世界から旅客を集め、昔は取らなかった入国金をビザと名うって徴収。
しかもこの空港や国への日本のODAは半端ではないのだから、それはインフラも整備されるだろう。しかし、このストレスは半端では無く印象が非常に悪い。


豪華だが著しく合理性に欠く不思議な空港


意味がわからぬ・・・。シンガポールと非常に格差があると言わざるを得ない。

日本の場合はチェックインで荷物検査は預かった会社がその後に奥で行う。
持ち込み荷物検査を通れば、イミグレーションでゲートから機内でおしまいなのだ。

さて、

ウェブチェックインで昨日、座席指定をしたのだが、表示されたのが21からだったので、
まぁそこの通路と真ん中(三人通路三人のモノボディ)でいいや、と指定しておいたら、
嬉しいことにCクラスのすぐ後ろで、広いシートであった。しかももうひとりはアサインされて
おらず、快適。もうすぐシンガポールに到着する。

タクシーでオーチャード通りのザ・リージェントを目指し、四泊する。

GA842 1666㌔の距離 マッハ0.798 916㌔ で巡航中 @機内




で、遠いゲートだったものの、イミグレーションには一切並ばず、素敵なターンテーブルの空間で
荷物はすぐに出てきて、すぐに銀行の両替が出来て、すぐに親切で嫌いなタクシーに乗って、
すぐにホテルに到着したら、すぐにポーターが荷物を預かり、すぐにチェックイン!

http://www.regenthotels.com/ja-JP/Singapore


豪華で半端ない空間には圧倒される。さすが大都会の大ホテルで、昨日までの世界観とは
異なる満足感があり、いずれもクオリティが非常に高い。満足である。



勿論、不詳自分などが宿泊するには分不相応かも知れぬが、これも感性を豊かにする側面と
助けにもなろう。

豪華過ぎるホテル内の吹き抜けは圧巻。グランドピアノが3台見える


全て半年程前に吐くほどの閲覧研究で全てを破格で購入している事を理解してもらわねばならない。
通常の数分の一で計画と決断力、判断力を存分に生かす事が必要だと思う。
自論では3ヶ月前などはもう遅い。そして毎日のチェックを怠ってはいけない。
さながら化学の実験の成果のようなのかも知れないとは大げさか?。