動画(Youtube)

Loading...

2016年8月29日月曜日

到着地ダイバードの恐れ

***



現在、那覇からの帰りのJALである。航空管制上、航路混雑の問題で出発が遅延。
機長曰く最大限のスピードで伊丹に向かっている。しかし伊丹付近は気流が非常に悪く、最悪ダイバードで関空、名古屋、羽田に行くかもとのこと。経験上そういう事は無いのでどうなるやら。

今回の旅行はおおむねうまく事が運んだ。到着して予約しておいたレンタカーを借り、妹と甥っ子をピックアップして大渋滞の58号線を美浜に向った。
せっかくならとステーキハウス「四季」に行くも1時間待ち。少し離れた本店は予約が出来る旨なので移動して満喫。
そこから高速で国頭村にある宿へ。途中で名護市の大きなイオンで買い出し。
目的地に着いたのは23時頃になった。宿は広く快適。
かりゆしビーチホテルの経営なのでしっかりとはしている。
(「パパラギ王国」なる施設の一棟でした)


翌日は台風の影響か風が少し強いものの、海は干潮で透明なので干潟を散策する。
人のいないビーチというのも良い。

昼は本部にある氷ぜんざい一筋60年という専門店にドライブ。シンプルだが美味。後は本部のイオン系スーパーで買い出しして部屋に戻りぐったり。


翌日は早々にオクマ地区の森にある「ひじ大滝」に出かけた。以前に行った折に湿度と温度で汗まみれになるのを学んでいて、尚かつある部分の川にて遊べる事を知っていたので、水着で向かったのだった。正解。ヤンバルの森の小川で遊ぶなど最高である。

滝まで歩いた帰路に身体が火照っている中、川にどぼん!これ最高。
海と異なり、日陰で淡水なのも良い。
全員で嬉々として水遊び、買って行ったランチをした。海も良いが森が良い。

戻ってふわふわ。毎回自炊なので存外楽である。毎度レストランを探し、思った感じで料理が出て来ないやら、隣が子連れでうるさいやら、タバコ臭いというストレスが皆無。
オリオンビールも沖縄であれば缶であれ十分に美味しい。


妹と甥っ子の帰宅のため三晩開けて早朝に空港に向かった。
LCC利用なので遅れると洒落にならぬ責任において車をすっ飛ばしたら逆に早く到着し過ぎ。まぁ遅れてヒヤヒヤするよりは良いだろう。空港周辺の58号線はとにかく信号と車が多くてかなわない。

無事に送り届けてからレンタカーの返却まで3時間あったので糸満方面にある琉球ガラス工房に。ここもよく来るところ。その後、レンタカーを返却し、タクシーを読んでもらって国際通りのJALシティ那覇にチェックイン。うろつくのがお決まりのコースである。本土の雨情報が嘘のように沖縄は晴天が続き、こちらはこちらで異常だそうである。

果たして伊丹空港に無事に到着するか。

ネガティブな事が一つだけ。2日前に喉が痛くなりどうやら発熱したようだ。始めはアレルギー性鼻炎だと思っていたが、どうやら違う。帰宅したら医者に行く。あぁかわいそうだ。

*****帰宅*****

結果、伊丹に到着。荷物が遅めに出て来ていらいら。駐車場まで土砂降りでイライラ。妻の仕事に間に合う電車に乗せるのにいらいら。そのまま医者に行ったら「咽頭炎」=かぜですと!せっかく楽しんだのにいらいら。
治療、栄養注射、薬処方で6千円ですとっ!


追記:夏休みは少子化が嘘とわかる程のお子様幸せ家族で空港に荷物預けと受け取りにもの凄いストレスがかかる。ちょろちょろ動いて正直邪魔。何より荷物が当たって危ないが親が完全に放置してスマホに夢中だったりする。
確かにならば8月などに旅行せねばならぬ必要はこちらには無いかと思った。これから時期は考察する。帰路はJALの広めのシート:クラスJだったのだが、大き過ぎるシートに小学生が二人乗っていた。不自然極まりない。
日本も変わってしまった。関西なら淡路島か琵琶湖がせいぜいだったのだ。