動画(Youtube)

Loading...

2013年5月28日火曜日

世界観の相違という思想の配慮




音楽に限らず、人の世界観を解さない人間達にはいつも苦しい想いをさせられ続けます。





これもハラスメントの一種のはずで、定義付けや命名されていないのが不思議。
的確に言えば「何であんたと私とが同じ扱いなんやと、そのあんたが思ってるねん」ハラスメント。
十人十色とは先人の言葉。育ちや境遇、IQ全てにおいて同一では無いはずなんですが。

大抵そういうケースでは、軽く浅い人間が多い気がしますし世渡り上手。プライドはありません。


相手はその相手(こちら)を尊敬、理解する脳力や配慮に著しく欠けます。
そしてまず一生気付かない。しかも歩み寄ろうとまでして来る場合がある。
パラレルでいたほうが互いに良いという概念すら無い・・・。思考にも無い。
相対的にしか思考出来ない。自信の無さとコンプレックスの裏返し。うざい。

でも馬鹿ではない、単に能力に欠けるだけ。

蕎麦アレルギーの人に、この蕎麦はうまいのに食べられないのは勿体無いね~
という主体思想の類。。

あなたって、こういう人でしょ~もまず違いますし失礼千万。お前に何はわかる。
「浅はか」の極みであり。あんたなどには到底わかるまい。





しかし、逆の場合は、
阿吽の呼吸的な関係で、この場合は音色ひとつ、言葉を発する前から理解をし合え、
幸福を高める瞬間が来るものです。滅多に無くとも会話もアンサンブルも尊敬も分かち合います。

(但し、これも築き上げた割に、ある出来事で見事に裏切られる事も多々あります。)







とにかく互いに物凄く異なる人間なのだから、せめて思いやりで脳で何かを思考し、
こちらを理解などしなくて良いから、私を巻き込まず「放っておいて欲しい」と~強烈に思いますが、どうも世の中は、そうもいかず、また「運」か何かで良い思いをして、品格に欠く人物が多々な時代と感じますが、如何でしょうか。

物凄く能力を持った不遇の逸材には不運な時代になり、この先は不幸なことです。


決して群雄割拠では無いですね。