動画(Youtube)

Loading...

2017年10月20日金曜日

迂回の法




現代まさに現在、とにかく仕事に翻弄され意味不明なお金を国に多く支払うためには何が何でも働かねばならない。やり甲斐があればそれは生きるモチベーションに繋がるので是でも非でもない。

しかしだ、インフラのいたずらで大変なストレスを強要されて参る。
この秋、大阪の阪神高速は湾岸線の集中工事で、身体で言う頸動脈的な道路が車線規制、即ち測道や迂回路も大渋滞。秋の音楽家は忙しいのだ。

それならば仕方が無いので電車で移動×3日するのだが、そもそも自動車税、重量税、取得税にガソリン税に消費税の二重課税など、非情な状態をもってして個人の自動車を所有していて、それに加えて道路料金+消費税まで毎度徴収されているのだからそれを封じられこれがたまらない。夜間にでも工事をせよ、と。
自分の空間を確保し、快適に移動する重要な手段でもあるのだ。
細菌の感染も少なくて良い。


おかげで兵庫から南大阪までの移動が不便で不快。
ましてや人混みをこよなく愛する方もいるであろう東京の人々と大きく異なる兵庫人は大阪のJR環状線や御堂筋線に耐える総合的な人間力を持ち合わせていない。到底理解出来ぬ高校生の態度やぶっ飛んでいるお爺お婆に551蓬莱の匂いなど、とにかく驚愕するばかりなのだ。


こわいよ〜


では、と西宮から大阪天満宮(地下鉄南森町=古来、国鉄と市営地下鉄&私鉄の仲が悪くて駅名が異なる乗客無視のお馬鹿ネーイング’ズ関西)で乗り換え、南海の天下茶屋に達するルートで梅田や難波を回避出来るのであった。

要するに、神戸方面から梅田方面に出ず、尚かつ難波に至らず南海に達する事が可能なのだ。

しかし、劇的に不便であり、道路公団、国交省、財務省、交通局なりはもう少し考察せよ、と思う。結局利用者無視の役所の考えなのかと。ぶーぶー!