動画(Youtube)

Loading...

2017年4月16日日曜日

驚異的な時間!



今日の帰国はキャセイパシフィック航空CX564便。
どうでも良い事だけど記録しておきたい。

まず、今回は都合ビジネスの席で尚かつ土曜の関西行きはボーイング777が使われている。行きや曜日で基本は中型のエアバスA330だが、そのおかげか関西までの飛行時間のアナウンスは2時間2分!

確かに大型でエンジン出力が強力なのでわかるが、沖縄より近い気までする。
沖縄から小型のA-320で飛ぶと確か2時間半ほどかかったと思う。故にか乗務員のサーブも早い早い。その時間内にフルサーブを行うから敏速。


別の話で日本人はほぼ皆無。中国系親子が非常に多い。それだけ単純な言い方をすればお金持ちが多いのかしら。

今回は(多分)無作為に選ばれた乗客として機内アンケートへの記入を申し入れられた。それが8ペイジに及ぶたいそうな物。偶然今年になってから同会社で6フライトしているので、まぁ回答するにはふさわしかったかもしれない。
お礼に記入したキャセイの乗務員使用のボールペンを戴く。
抽選でペア航空券が当たるそうです。


と、記入しているうちに下降を始めた。この機種のエンジン恐るべしである。という事は先日のマドリッドが型番は違うが同じ機種だったので、それだけ遠かったという事でもあるかと。