動画(Youtube)

Loading...

2016年5月7日土曜日

未体験ゾーン



親切にも程があるんです。
愛車の2年目の点検があり、一日預け。その間の代車は同等以上なのが粋な外資系。

それはともかく、
引き取り日が丁度この会社の特別仕様(ワークス)の「M」シリーズのM2なる車の試乗可能な日だったこともありお願いしていました。高額故、現実的では無い仕様なだけに。


迫力あれどあくまでも上品なフェイス


都合で若い担当の方に変わったのですが、もの凄く快く行きましょう行きましょうと、本来のコースを2周ほども。エンジンやエグゾーストノートはF1のクオーンクオーンという感じの音で病み付きに。19インチという途方も無い扁平タイヤなれど気にはならない範囲。もの凄いブレーキ、上質な室内は完璧でした。他のメーカーが追い付けないはず。

まぁ〜えげつないポテンシャルを引き出せる訳も無く、最後はほとほと疲れて早めに切り上げました。


存外小さく日本に合うサイズです。180センチの私で丁度良い室内。

こういう製品を作り込むドイツの職人さんには頭が下がります。
興味の無い人にはただの車でしょうが、座るだけで感触が異なり運転すると完全に未体験ゾーン。恐らく日本では使いこなせない領域。ほぼ手作りですって。


性能を超えてもう芸術でした。欲しい〜とかの市民レベルの車ではありませんので素敵な体験をさせてくれたこの会社に感謝です。
何だか感性に幅が出来た気がします。