動画(Youtube)

Loading...

2012年7月8日日曜日

あほ



前述のごとく、小忙しくなり、お弟子に会うとどんどん痩せて行きますが大丈夫ですかと言われ、
記憶が曖昧になっているような事が起こり、怒りっぽくなったと身内に釘をさされ出したので、

ならば一日位はゆったり休もうと、今日は昼までベッドで横になろうとし、確かに眠るも、
こういう時にみる夢が、例えば、オーバーブッキングでその方に誤り倒すとか、
自分の遅刻、という私の辞書に無い概念のものでうなされる羽目に。

太った夢では自らを殺めようとした。ストイックである、そうに決まった!(夢のハナシだが)

うざい

ならばもう起床してしまい、身内が本番で一日家にいないため、暇をみて観ようと思っていた
「ザ・パシフィック」なる長編戦争ドラマ大作の1~12巻を全部鑑賞した次第です。


内容は第二時大戦に於ける日本帝国軍の大東亜共栄圏を奪還しようとする米軍兵士に
焦点を当てたトム・ハンクス、スティーブン・スピルバーグ、ゲーリー・ゴーツマンの3人の
プロデューサーによる大作である。実に愚かな人間を描いた大作である。


兵士の行動と心理戦は勿論だが、12時間弱に亘る作品に中には
ガダルカナルでの激戦、ソロモンの戦い、硫黄島や琉球は沖縄の捨て鉢状態などが
リアルに描写され、所によっては正視に耐えないシーンが多々混入されている。

身体がバラバラ、頭を打たれ血が飛びちり即死、内蔵露出場面など実に残酷である。
それも当時の戦術「正面突破」の多さに、あまりに下らない戦術しかなかった未熟な
当時の価値感にゲンナリすることしばしである。


感情移入をしていたせいか、相当自分を追い込んで先人の愚かさを痛感した。
ここに描かれた日本帝国軍の戦術、並ぶに米軍の単純な指揮官の元で最前線に
立つ若い兵士の惨めさ愚かさについてである。
味方を誤爆するシーンなどは愚の骨頂である。
つくづく阿呆の元で命を落とした人物に哀悼の意と深い哀れみを禁じ得ない。

現代も気をつけなければひどい運命をたどることになりうる。
単純、浅はかな行動を気付かす取る「上」にならぬよう己の理性とお弟子を
大切にしたいと思った。



で、幾度かの気分が悪くなるシーンのおかげで今夜は眠れそうもないが、
多分私は阿呆である。