動画(Youtube)

Loading...

2011年1月20日木曜日

初めてのソウル




今年は早々にソウルまで研修に。

早朝チェックインのため日航関空に前泊するにあたり、コーナーツインプレミアムルーム(長い!)にグレードアップされ何だか幸先が良い。

少しだけランク上のクレジットカードに投資所有をすると、ボーナスマイルはあるわ、
ホテル日航宿泊で結構貯まるわ、ビジネスクラスカウンターでチェックイン可能だわ、
とアドバンテージが大きいのはご存知ですか。
何よりカード会員のみの少ないマイルで特典旅行が可能。
通常1万5千が今回は1万8百マイルだけ!

素晴らしい・・・。


JAL EXPRESS 737-800  近日、鶴丸が復活予定でこのデザインも無くなるそう


しかし百分程のフライトなものの、朝なのにパンのひとつもサービスされない辺りは、
以前利用したアシアナ、大韓航空に比すともう気の毒なまで。
(この便はモノクラスのJALエキスプレスが担当)

でも、文句を言ってはいけない・・・帰国便は美味しいお弁当がサーブされました。



近年の日韓航空協議の合意により生まれた関西~金浦線のフライトで市内至近の
金浦空港に到着。
ここでは他国路線からの入国者行列が無いのでイミグレーションは自分の便だけ。
すぐ入国、すぐ荷物。地下鉄9号線プラス2号線利用、40分くらいでホテルに到着。

(ついで、事前に入管で自動ゲート登録をすると日本の入出国で並ばずに良いですよっ)

何かと楽でした・・・。


ホテルは便利なロッテホテルということもあってか全く日本語。
部屋は幸い高層階で、眺望良し、ウォークインクローゼットだけで三畳!
風呂からも眺望。アメニティはロクシタン。

満足至極。





さて、荷解きをして出陣。
行程中はいわゆる個人旅行の典型パターンで行動。


抜群の快晴続き、しかし痛い


快晴続きで結構、しかし今冬のソウルは極寒っ!
寒いのではなく、痛い。

滞在中の最高気温はマイナス3℃、最低はマイナス13℃。




そんな中でも通り一遍倒の料理を体験。
最後のお店にて、日本贔屓の奥さん(女将さん)と、少々話し込み、
ついで電子辞書にある日本語について解説を求められた。

そこには、「目耳鼻口」と。

こういう熟語はありません旨。

その下には「目鼻立ち」。

これは、美しい顔を言います。

云々

私も教員の端くれですので、出来る限り丁寧にお教えしました。



店を去る際、

主人の友人が音楽家でCDがあります。これを差し上げます。
百済時代の音楽のCDです。


おぉっ!ホントにっ!
よろしいのですか?ありがとうございます。
実は私たちは音楽家なのですぅ~



彼女曰く


「そうだと思いました!」



「・・・・ほんますか?」



嬉しい体験になりました。


寒い
寒かろう




 で、この時期はお勧めしません。